2011年03月04日

遊戯王5D's 142話~145話の感想

だいぶ書いてなくてすいません;
凄く気になる展開!とか言いながら全然見てなかった自分が・・・コノ!!     (´д|
まだ、変な永続罠が発動しているようで・・。誰か、誰かこの罠を壊してくれ!    自分で壊せよ(゜z|


簡単に書きます!・・タブン。

■142話
2人のライフはまだ残っているが、ジャックルカが倒れたまま動かない。
ルアは自分のせいだと責任を感じている。

しかし、ジャック、ルカ立ちあがりジャックがルアにまだ終わっていないという。
その言葉によりルアは正気に戻る。しかし、容赦なくアポリアの攻撃が続く。

アポリアは、自分の受けた絶望をジャック達にあじあわせて、ドミノシティを救う事を諦めて貰うために容赦なく攻撃をしている。


・・でも、このデュエル命をかけたデュエルっすよ?
めっちゃやばい状況なんですけど^q^;


デュエルが続くにつれ、アポリアのモンスターが強くなっていく。
ルアは負けるかもしれない。と思うが、その思いを壊し、まだ諦めない心を取り戻した。

アポリアのターンで、ジャックのモンスターに攻撃するがルアがでそれを防ぐ。
しかし、それをしたことでルアのライフは削られてしまう。
ルアはまだ諦めないで、デェエルをする。

シンクロモンスター2体を特殊召喚したルア。しかし、その召喚によりルアのライフが0に!
ルア死んじゃったの!? と思いきや、ルアのフィールドにいたモンスターが効果を発動し、ルアのライフが元に戻った。


その時!シグナーの痣がルアの背中に!!
ルアがシグナーとなった!
そして、ルアは新たなドラゴンを召喚した!


てか、凄い設定wこれは凄いww
まさかのシグナーw結局皆シグナーになるのねv
・・・というか、パワーツールが新たなドラゴンになる時、一瞬マッチョに見えたのは私だけでしょうか?w


■143話
ルアのドラゴンの効果によりダメージを無効にし、ライフを回復させた。

 ルアのドラゴンいいなw欲しいぜ


そして、デュエルが続くにつれ、アポリアの張っていた罠、魔法を破壊していく。
そのお陰で、攻撃出来る体制になり、アポリアに攻撃!

アポリアのライフが0になりジャック達の勝利!


・・・てかジャックの手の動きが凄かったw
てかあんな動きできるのか?wてか間接大丈夫?     (てか、使いすぎだろお前>(´z|


その頃、遊星ブルーノは、遊星ギアへとついた。
そこで待っていた敵とは・・・ブルーノだった!

遊星はびっくりした。しかも、ブルーノと言う名前ではなくゾーンの仲間。アンチノミーという名前だった。

遊星は信じたくないようだが、これはもう事実で・・。
しかし、どんな相手だろうと皆を守るため戦う事を選んだ遊星。

次回。遊星VSアンチノミー(ブルーノ)との対決!
・・・そして、走る凶器が走り出す。 (ぇ


■144話
遊星VSアンチノミー(ブルーノ)との対決!

特別なフィールドでデュエルをする2人。しかも、負ければ命を失うという過酷なデュエル。
に飲み込まれそうになる遊星。もうデェエルで負けるかどうかでなくて気をつけながら進まなきゃ行けないというw

デェエルが続いていくにつれ、ブルーノは自分とゾーンの出会いを話始める。
シンクロを使いすぎたせいで世界は破滅への道に。。
そこで出会ったのはゾーンだった。ゾーンは世界を守るための研究をしていた。
その研究に参加していたブルーノは、だんだん年をとり亡くなった。

未来の為に、ゾーンのため蘇り今にいたるという。

・・・その話を聞いた遊星は、ゾーンが未来の最後の1人だと知る。
しかし、遊星は諦めていなくデュエルが続く。

遊星は、アクセルシンクロンでモンスターを召喚!しかし、アクセルシンクロンは、終点でなく通過点だと言う!

アクセルシンクロンの先のシンクロ・・その名は、デルタアクセルシンクロ!


■145話
デルタアクセルシンクロを行った事で、遊星の後ろに光も飲み込んでしまうブラックホールが!

しかも、アクセルシンクロンで出したスターダストの効果までほぼ無効に・・!
絶対絶命な遊星!ギリギリなデュエルを続ける遊星。

しかし、特殊召喚・罠の効果でなんとか形成を立て直した遊星。
そして、5ターン連続ずっと俺のターン!を発動!w
5ターン連続でカードを引き、その中でチューナーがいればその分だけ攻撃出来るというもの。

3枚チューナーがいれば遊星の勝ち。それ以外だったら遊星の負け。
5ターン連続カードをドローし、最後に引いたカードは・・チューナーだった!

3回の攻撃で、アンチノミーを倒した遊星!
しかし、アンチノミーと遊星はブラックホールに飲み込まれてしまう!

その中で、アンチノミーは遊星にゾーンを救って欲しいと言う。
アンチノミーは、遊星たちを見て思った。遊星の可能性を信じようと!

遊星は、ブルーノの事を仲間と言ってくれた。そして・・・ブルーノは飲み込まれていった。。

遊星ギアは止まったが、悲しい思いだけ残る。。遊星の目に涙が。。


ブルーノ・・・良い人だったよ。。ブルーノ------!!





・・・でも、なんかまた出てきそうな感じがする。。(



pocketwatch02 at 21:30コメント(0)トラックバック(0) 
遊戯王5D’s 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
まねきねこダック